2014.02.14 Friday 08:59

おわることはじまること

待ち合わせ
のあとね

いろいろ考えている

すばらしい
夜をさかいに

いろいろ考えている。

あの日

確かに

四人は演奏を終え
待ち合わせは完結し
またそれぞれの旅に
戻っていった

けれど


あの日
から

なんだ

受け手にとっては

あの日から
始まったのだ。


おきゃくさん
という言葉を使うのは

なんだかとても歯がゆい。

もっと
もっと
いい言葉があるはず。

あの日
あの場にいた、みんなが

ぽつり
ぽつりと
想いを伝えてくれる。

そのことが
どんなに素晴らしいことかを

考えている。

〇〇〇


イベントは
誰のものだ

何が
成功で
何が
失敗か。

どうでもいいことかもしれないし
あたしだけで考えるべきことかもしれないが

ずっと考えている。

本当は
どうでもいい、わけなんてない、ことも
わかってて書いているあたしは
やっぱりひねくれものだけど。

〇〇〇

ひとつひとつ

みんなが届けてくれる
こころの変化が

尊すぎて
涙が出るよ。

その場に
これなかった人も
こころを伝えてくれて
ありがとう。


あおくさくったって
あつくるしくたって

そういうことを

ちゃんと
かみしめていきたい
そうじゃなければ
あたしがやる必要はない。

〇〇〇

あたしね

あの日
いたみんなの
その
こころの変化とか

流した涙とか

うごきだしたこころとか

風がふいたこととか

そういうの
全部全部
しっかりだきしめて
そういう作品描くね。

はじまった何かと
一緒に歩いていくね。

終わったけれど

確かにはじまった、何かと一緒に。

新しくうまれた
たくさんの、待ち合わせを楽しみにしながら。


みなさん
ご来場ありがとうございました。
 

2014.02.12 Wednesday 04:55

またあそぼ

待ち合わせを
した

時間と
場所を決めて。











少年たちの
旅は続くけれど

きっとまた

ここで会える気がする。

もしかしたら
今度は

待ち合わせをしなくても

自然に
集まってしまうんじゃないかとすら、思ってる。



ただいまの場所。

迎える人たち。
そして
集まる人たち。



少年たちの
旅はまだまだ続くのだ。



だっ!


みなさん
また、遊ぼう。




 

2014.02.11 Tuesday 11:04

待ち合わせは六時にミネルバで

本日です。



 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。

〇〇〇

風邪をひきましたが
一晩でなおしました。
気合い!

本日すごく寒いです。

みなさん暖かい恰好で
あそびにいらしてください。


本日の出演者のみなさんは
全国各地に
一つ一つ、音をとどけたり
色をとどけたり、している。

見てもらえれば
聴いてもらえれば
その素晴らしさは伝わる。絶対。
それは
あたしが受け取ってきて、感じていること。

でも

はじめての場で
その、
場に
居合わせる
それがなかなか、難しい。

もしも
今夜がそのタイミングになればうれしいと思って

企画をさせていただきました。


微力ではありますが

お客様、予約いただいて

きっと次は
もっともっと、たくさんの人が
その、場に、居合わせることができるんじゃないかな。

でも

できるなら
今夜を
そのきっかけに、してほしい。


当日なりましたが
ブログみた、で、

前売り料金で、予約扱いにさせていただきますので

どうか
悩んでる方
あそびにいらしてください。


つくば方面の方
かえれない、の、心配なら送ります。
(あと二人、乗れる。)


今日これないなら
また今度ね、
っていいたいけど
また、なんて

そんな約束
できないってのを

あたしは
痛いほど、ここ最近、感じています。


年を重ねるとはそういうことか。

背中押してくれって方は
natunatunaでアットマーク、で、auのアドレスで
携帯にとどきますんで。
見知らぬ方でもどうぞ。
迷惑メールは容赦なく消すので
ご心配なく。

それくらいしてでも
見てほしいです。

お待ちしております。

企画 natunatuna


 

2014.02.10 Monday 22:48

待ち合わせ場所

そして

とうとう明日。

待ち合わせ場所は。
こんな場所。

カフェ
雑貨
ギャラリー

ミネルバ。




ただいま
奥のギャラリーでは



神長智恵美さんという作家さんの展示中。

これがすごく素敵だし、面白かった。
たくさん写真とったんだけど
やっぱり来た人に、たのしんでもらうために
写真は載せないで置きます。
けど

これないし、気になる方は
ミネルバのブログでみてみてください。

〇〇〇

最近
ミネルバでは
大人気だった、パンケーキの種類を減らしたみたい。

なんで

って思う、人も、いるかもしれないけれど


それは
パンケーキの種類を減らすことで

商品ひとつひとつ
展示ひとつひとつ
お客さんひとりひとり

接する、時間を

もっと
大切にするため。

本人たちは
そんなこと、なかなか、言わないと思うけどさ。

その話を聞いたとき

やっぱりこの店が好きだと思った。



場は
人がつくってる。





イベントを
むかえるまで
何度もお店に通うんだけど。

そのたびに
二人のことを好きになっていく。

まじめな話も
くだらない話も

とても大切。


ミネルバには
カウンターがある。
3席だけの。

でも
そこに

みんなあやちゃんやよしくんと話すために
集まってくる。

席に座る人もいれば
立ち話の人もいる。

注文する人も
注文しない人もいる。

それでも

そこに集まってくる。

その光景を見るのが
とても好きなんだ。


〇〇〇

待ち合わせ場所に

たとえばはやくきてしまったら

三つしかないカウンターで
のんびり話をしたらいい

もしも
つかれてしまったら
窓際から
溶けかかった雪をみながら
ぼんやり珈琲のんだらいい。

ミネルバで
お待ちしています。


 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。




 

2014.02.10 Monday 22:34

待ち合わせ DJ koutaka

DJのkoutakaさん
いつも
本当にお世話になっている。

毎回ミネルバのライブイベントのときは
DJも、音響も、お世話になってるけれど。

コウタカさんに
出会ってから多分もう、10年くらいたつんだ。




                          撮影 糸賀健太

一番最初の出会いは
あたしが自分で手に負えなくなった案件があって
初対面のコウタカさんに泣きつくという
散々な出会い方なんだけど。
(おぼえてるかな)

それから10年
相変わらず本当にご迷惑おかけしたりもしているけれど

いつも
いろいろ、きちんと、教えてくれる。

ほんと
いつだって。
感謝でいっぱいっす。

あしたも

気持ちのいい音楽と
空間
よろしくおねがいします。


 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。



 

2014.02.08 Saturday 03:59

待ち合わせ 足田メロウさんのこと

なつなー
焦りすぎ〜


初めてのライブペイントの時。
笑いながらメロウさんに、言われた。

うんうん、そうなのー!
と思った。

〇〇〇

足田メロウさん。
この人は
ちょっと特別な絵描き。

あたし、こうなりたい
って
思わせてくれた人。

冗談ではなくて
師匠だと思ってる。

〇〇〇

メロウさんの絵は
とても自由だ
あっちにいっても
こっちにいっても
かまわない。

それは
見る側の自分にとってもそうだ。


はじめてみたとき
許された

と思って涙がでたよ。

って
多分そんなこと直接いっても

ビール片手に
にこにこして流されそうだけど。


〇〇〇

一枚の紙を前に
がちがちに固まってしまう、そんな私だった。

なんか
格好つけてしまっていたのを
気付いてたけれど
気付かないふりしてたんだなって

メロウさんの

すーっと伸びる線をみて

フワッと

にじむ色をみて、思った。


もっと
絵は

自由でいいのね。

もっとわたしは
軽くなっていいんだ。







〇〇〇

メロウさんのライブペイントは
ちょっと特徴がある、ってあたしは思ってる。


それは

間。


描かない。

描かないって
ライブペイントでありなのか!?

たまに

一曲かかない、とかもある。

かなり
目からうろこだった。


それなのに

その
なにもうつってない、スクリーンに

映し出される、空気。


どういうことだ。


一つ思い出したのは。

中村一義/21秒間の沈黙
ジョン・ケージ/4分33秒。


これ

あたし
無音が、無を意味しているとおもったんだけど 
違うみたいで

無音にすることで
その会場の空気やざわめきを聴く

ってこと、だったみたいなんだけど。
(これは、ジョン・ケージさんの4分33秒調べてて書いてあった)

メロウさんの
描かない、間、てね

無ではない、もんなー。


むしろ
音楽がね
スクリーンの上、流れてくる感じ。


むしろ
メロウさんの色が
楽器の一つなのかもしれない。



ゆーきゃんさんとのライブペイントは
当日に取っておくことにしようとおもいます、
てことで、こちらを。






ちなみにミネルバで
3月1日
タテさん×メロウさん×豊原エスさん

3月2日
タテさん×メロウさん、oono yuukiさん×あたし
みられます。


こちらも、ぜひ。



 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。


2014.02.08 Saturday 01:27

待ち合わせ ゆーきゃんさんのこと

人と出会った、というのは
いつのことを言うのだろう。
挨拶をしたとき?
会話を交わした時?


わたしがゆーきゃんというミュージシャンを知ったのは
だいぶ前なんだけれど
出会った!!と思ったのは
数年前。

出会ってしまった!!と思ったのは
本当に、ここ、最近。

そして
もっと早く
きちんと出会いたかった、と、思ったのは。

〇〇〇

恥ずかしながら

あたしはゆーきゃんの魅力を
きちんとわかっていなかったのかもしれない。
いや

実際問題
今も。
そうだ。

ライブを見るたびに

ジグソーパズルが、
徐々に
何の絵柄がかいてあるのかわかっていくように

遺跡が
だんだんと
その形をあらわしていくように(何だこの例え)

ゆーきゃんが
見えてくる。

そのたびに
またライブを見たい、って思うんだけど。

それが簡単にかなわない、ことも、あるのかもしれない。


〇〇〇

先日

どうにもこうにも、いられず

『さらば、ゆーきゃん』、というイベントに行ってきた。
一路、京都へ。(↑クリックするとゆーきゃんさんがその日のことを書いたブログにとびます)


そう
なんというか
ゆーきゃんの音楽のタネをまかれてしまったのは
あれはウタノオト
去年、キッチンソイヤで、あたしがライブペイントさせてもらったとき。

あの時のゆーきゃんのライブが
すばらしすぎて。

もう一度
きちんとした形でライブが見たい。と思ってたんだけど。

その時
なんかライブ、ないかな、ってさがしてて
知ったのが『さらば、ゆーきゃん』というイベントだった。



これは
いかねばならん、と思った。
さよならが嫌いなわたしは

さらば

ということばにひっかかって。
すごく悩んだけれど。

〇〇〇


すごかった

ものすごかった。

ライブ
それ自体も、だけど

会場の
お客さんの

門出を
見届けようという、そういう、密度。

ゆーきゃんは

ものすごく、堂々としていた。

お客さんは
その場にいることを
誇らしくさえ、思っていそう。

その日の
その時間

あれが
ゆーきゃんが京都で積み重ねてきたもなのかもな、と思った。
その時間、そのものが
本当に美しくて

京都まで行ってよかったなと思う。

ライブ途中、だったけれど
夜行バスの時間があったので、とびだした。


〇〇〇


あかるい部屋

というアルバムがある。
そのアルバムが
とても好きです。
二枚かってしまったくらい。





何も知らんまま、かもしれないけれど

あたしは、言いたい。

今のゆーきゃんの、ライブ
すごくいい。

個人的には
あの、ふわふわだったパーマをバッサリ切ったあとのほうが
あたしは、好きだ。

この前のleteも
くらい過ぎるほど、くらって
揺さぶられて
こまった。

とにかく
今、
見られる
今。それが、すべてではないだろうか。
見てほしいな、と思うのです。
出会って、ほしい。
そんな日になりますように。


〇〇〇


大好きな本を読み始めて
終わりに近づいて
読むのをやめてしまう、子供だった、私だけれど。

最後のページを
おそるおそる、ひらいてみたら。

つづく。


書いてありました。









今回の
イベント

康平さんが
ゆーきゃんと、ライブ、やりたいなあー!
って
ゆーきゃんのCD、聴きながら、言ったのを聞いたことから、はじまって。

それじゃあ
連絡してみましょうー!って連絡して。

一つ一つ
決まっていきました。

会いたい人たちが
集まる、夜。

その中に
みなさんが
いてほしい。

お待ちしています。

 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。




 

2014.02.08 Saturday 01:14

楽しみで仕方ないのです



音楽って
いいなと
思う
ほんと。

2014.02.06 Thursday 07:29

待ち合わせ 近藤康平さんのこと

初めて近藤康平さんのライブペイントをみたのは
松戸だった。
樽木さん同様
やはりしったきっかけは、茶飯事さん。

原田茶飯事×近藤康平
そのライブペイントをみに
普段はなかなかいかない松戸へ。

初めて見た時に
すごく嫉妬した。
なんだ、この楽しそうなライブペイント。
ずるい!!


康平さんは

にこにこしながら、楽しそうに、うれしそうに描いていく。

その姿は
もう
うらやましい、以外の、言葉は見当たらない。
もう、二度とみるもんか、とその時はおもった。(大人げない)



そんな康平さんのライブペイントを
二度目、みることになったのは

少し時期をおいてのこと。


場所は高円寺メウノータ。
この日の動画が上がっていた。




この日のライブで
あたしはすっかりファンになってしまった。

絵を描く人なら
きっとあたしと同じ気持ちになる人も
いるんじゃないかなと思う。

一枚の紙に
向き合う時に

どこまで
誠実でいられるか、というか。

その日のライブペイントは
まるで、祈り、だった。


茨城に住んでいるということもあって
そこから、いろいろ、はじまった、感じです。

8月にミネルバで
茶飯事さんとライブに来てもらったのは
とても大きかったな。



絵描きとしてはもちろん
人として
あたしが足りない部分を
たくさん持っている。

康平さんの

楽しい

っていう気持ちは

いろいろ難しくなりすぎてしまう自分にとって
あこがれでもある。


最近は
沼津のブルーウォーターの個展
ちょっと搬入のお手伝いさせてもらったりした。




そうだった
絵は
こころで描くものだった。


あまりの
その純粋さに

わたしはたまにたじろぐ。

年上ではあるけれど
あたしが取り戻したいものを
たくさん持っている。


この人にしか
見えない空気
色。

それを
絵を通して
見させていただいてる。


『ぼくは何も考えてないよー』

それが

どれだけむずかしいことか。


日常で
かたまってしまった心を
柔らかくしてくれるすべを
康平さんはたくさん知ってる。

みんな
本当はやさしくなりたいんです。



 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。





 

2014.02.06 Thursday 06:52

待ち合わせ 樽木栄一郎さんのこと

 待ち合わせの出演者のこと
一人ずつ、紹介させてください。

まずは
樽木栄一郎さんのこと。

これ
まず聴いてみてほしいです。



実はあたしが樽木さんのことを知ったのは
シンガーソングライターとして、よりも前に

原田茶飯事バンドのドラマー桷エイチロ
という、ドラマーとしての、認識だったのだ。
桷エイチロ、というのは
樽木栄一郎さんが、ドラム叩くときの、別名義なんだって。


桷さんのドラム、めちゃくちゃ素晴らしくてさ。
まさかまさか
こんなに素晴らしい歌を歌ってるとはしらなくて

このMederuの音源聴いたときに
すごくびっくりしたのを、覚えている。

この曲聴いたときに
樽木さん、すごく好きだなーと思った。






ライブ
まだタイミング合わなくて行けていないんだけど
11日が初めてってのが
すごく楽しみでならなくて。

実はこの前の茶飯事バンドの打ち上げで
歌ってくれたのだ。

CDを貸してからすっかり、kitchen Soyaのアニキもお気に入り。
ソイヤで、かなりの頻度でCDかかってる。

この異邦人のカバーもやってくれた。







歌い始めた瞬間から

いや
ギター一音目から

空気をがらっと変えて
一瞬にして
どこか遠くへつれてってくれる

樽木さんは
わたしの知る限り
一番ライブやってるんじゃないかな、

あっちこっちに旅をしながら
音楽を届けている。

茶飯事さんもそうだけど

ちょっと離れたところから見ると
旅人のように見えるけれど

彼らは
旅、が目的、ではなくて

その土地、その土地に
きちんと種を植える人。

きちんと
根をはやす人。

音楽を
手から手へ
顔の見えるところで

ずっと届けてきた人。

その距離でしか
救えない気持ちとかあるんだ。と

あたしは最近本気で思う。

空気の揺れる感じとか
一緒に感じることとか。

その場を

届ける側
受け取る側

一緒に作るということ。

かけがえない、時間だと
こういう音楽家たちが
教えてくれる。


これを読んでいる
各地のあたしのともだち、へ。

樽木さん
多分、あなたの近所にも、ライブ行ってるから
是非スケジュール確認してライブ、観に行ってみて。

あたしも11日すごく楽しみにしている。
すごく面白い人なので
音楽志す人、話ききにきてほしいな。
そうじゃなくても
本当に素敵な人です。
出会いたいし
出会ってほしい。

お待ちしております。


 〇〇〇

 待ち合わせ

ある
寒い
冬の夜

ぼくは
きみを
待っていた

2014.2.11(火・祝)
会場 ミネルバ(茨城県水戸市)

開場18時 開演18時半
前売2000円 当日2500円(1ドリンク込)

出演
樽木栄一郎(うたとギター)×近藤康平(ライブペイント)
ゆーきゃん(うたとギター)×足田メロウ(ライブペイント)
樽木栄一郎×近藤康平×ゆーきゃん×足田メロウ

DJ koutaka

企画 natunatuna

チケット予約は

ミネルバ 
029-226-8688

mito_minerva@yahoo.co.jp
または
natunatuna@hotmail.com

までお願いいたします。


こころからお待ちしております。




<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.