2015.05.18 Monday 01:17

ツアーはつづくよいつまでも


                 撮影 糸賀健太(集合写真を除く)

大好きなカメラマン、糸賀の写真が届いた。
忙しい中、いつも本当に感謝している。

イベントは
おわりじゃなくて、始まりだ。
次に繋がらなければ。

5月9日
原田茶飯事いななきtour in  minerva
ミネルバでは、4回目の茶飯事さんのライブでした。



原田茶飯事というミュージシャンの面白さを、知ってほしくて
茨城での、ソイヤ、ミネルバでのライブをお手伝いさせてもらって、約2年。

少しずつ、いろんなことが繋がってきているなあと思っています。

繋がり方を間違えて内輪ノリになってしまうのはもったいない。
でも、
地方で根付かせるためには、人がみえること、顔が見えること、大切だとあたしは思います。
いろんな人の力を借りて
すこしずつすこしずつ育てていきたい。
そんなことをいつも考えていて。

いつでも真剣に一緒にたのしんでくれる、ミネルバのあやちゃんやよしくん。
そして装飾のココウスのえびちゃん、受付のこず、
カメラの糸賀。
そして
こうして集まってくれる皆様。
面白い場ができているとすれば
誰一人、かけては、その瞬間はなりたたないんじゃないだろうか。

届け手が素晴らしいのは、もちろんだけど
受け手の人たちがいるからこそおもしろい場ができる。
そのことは
回を重ねるたび、実感として、感じています。

今回は
茶飯事さんのダイジェストPVの撮影をミネルバでしたこともあって
劇場をテーマにしよう、と、
会場装飾のえびちゃんと、ミネルバのあやちゃんと作戦会議したのは、一ヶ月前くらいかな。

ある一日の、数時間。だけど
特別をぎゅっとつめこみたくて
いままでよりも、真剣に打ち合わせをして
kokousのえびちゃんを中心につくりあげました。

それともう一つ。

茨城出身のバンド、circeをゲストに招いて
今回のレコ発を、盛り上げていただきました。



彼らの音楽は
カラフルで、ドキドキもわくわくもつまってて
きけばきくほど、好きになってしまう。

イメージを膨らませるほど
音が近寄ってきてくれる。

茶飯事さんと、何度も共演してて
息もばっちり。
彼らのムーンリバーは本当に最高です。



そして今回の主役。原田茶飯事。
ツアーを重ねて声が一段と伸びやか。
初めてのお客様も多いけれど、
水戸での常連さんもついてて、みんな楽しみに待ってくれてて、
こうして呼ぶことができて、やっぱりとてもうれしい。



みんなの背中をみてると
ぐっとひきつけられているのが、わかる。




お待ちかね、上映会。
茶飯事さんの直々のコメント付き。
みんな笑ってたな〜。



最後の最後まで
いつも全力で、向き合ってくれて
こうして
最高のライブをしてくれること
本当にうれしい。



こちらが
その気持ちに答える、なにかがあるとすれば
その日を、いかに特別に
大切にできるかなんではないかな。

最後の最後まで
本当にいい時間でした。

最後残ってたみんなで撮った集合写真をみてたら
さて、次はどんな楽しいことをしよう、と
そんなきもちになってさ。





演者もスタッフもおきゃくさんも、ごちゃまぜになって
みんなが、他人事なんかじゃなくて、楽しいことできたなら。

そんな気持ちを
忘れずにいきたい。

ワクワクすること
しようよ。

きっと
そういう心ってさあ

すっごく大切だと思うよ。


こころからわらってる、自分の写真を、みて
あの最低の日々と、くらべものにならん、笑顔をみて
なんか、そういうことを思いました。




 

2015.05.06 Wednesday 22:35

あと三日!




時間を見つけて
ココウスに装飾の打ち合わせにいってきました。
あした一日かけてつくりまくる!

今回の
このタイミングでのレコ発
目の当たりにしていただけたら幸いです。

いつもライブに行かない人にも
もしもちょっとでも気になったら
えいって、足を運んでもらいたいなっておもっている。

音楽って
一部の人のものじゃなくて
もっともっと自由なもんだ。

茶飯事さんの音楽を聴いていると
なんだか人生の喜怒哀楽が
それがいいことであろうと、そうでなかろうと
なんかドラマチックだなあと思えるんだ。

一度っきりの人生だ。

なんかのきっかけになることって
実は日々の中にあふれてるんじゃないかなって思う。

そんなきっかけになる一日になったらいいな。

各地でライブやってる方だけど
その日その日で、本当に特別な時間を作ってくれる人。
今回PV撮影をした場所でのレコ発だから
きっとまた、特別な日になるに違いない。










今回のnew album、いななき、の中に
とても印象的な歌詞がある。

ヒッチハイク、という曲の一文。

一緒に行こう、途中まで。

その言葉に
いつもはっとさせられる。

永遠を誓うのもいいかもしれない。
でも
あたしには、今

この一文が、いやってほど沁みるんだ。

一緒に行こう
行こう
途中まで。




 

2015.5.9(土)
原田茶飯事New album
「いななき」リリースツアー
open 18:30 start 19:00
adv.2,500円 door.3,000円(1D付)

guest circe
会場装飾 kokous

ご予約受付中

詳しくは原田茶飯事HP
またはminervaHPにお願いします。

それと、ゲストのキルケ
めちゃくちゃ、おすすめです。

なので、19時にはみなさん集合でお願い致します。


2015.05.04 Monday 15:55

いよいよ



原田茶飯事いななきtour 
いよいよ9日、

このダイジェスト映像の撮影場所である
minervaでのレコ発です!



お見逃しなきよう。
詳しくはこちらを。

スペシャルなことを企んでるのですが
準備間に合うかなー!!
 

2015.5.9(土)
原田茶飯事New album
「いななき」リリースツアー
open 18:30 start 19:00
adv.2,500円 door.3,000円(1D付)

guest circe
会場装飾 kokous

ご予約受付中

詳しくは原田茶飯事HP
またはminervaHPにお願いします。

 

2015.04.30 Thursday 23:29

春のいななきtour in いばらき2デイズ



5月9、10日の
原田茶飯事さんとcirceの2デイズのwebフライヤーをつくらせていただきました。

皆さん、circe、しってますか。
知らない方は是非、この動画を!他にもたくさんあるみたいなのでぜひみてみてくださいね。



あちこちで活躍中ですが
彼らは実は茨城出身!(那珂)
茶飯事さんとは、何度も共演してて
なんと一緒に演奏もしていたりして、息もぴったり。
このタイミングで
みんなでお祝いできること、うれしい!

わたしは9日のお手伝いをします。

てなわけで
9日はそう、ミネルバなんです。
といえばやっぱり
こちらのPVを是非みてほしい。



これは茶飯事さんが絵コンテを描き、minervaの店主あやちゃんが自らカメラを手にして撮った作品なんです。



おまけ(ティッシュくばりのえびちゃん)



会場装飾のえびちゃんや、ミネルバのよしくん、
いつもお世話になってるおともだちのみくちゃんとうらいちゃんが出演しています。
急遽出演なのに、みんな、すごい。本当にすごい。



あたしはといえば、隠れて必死にインチキラテアートしてました。何回つくったか。そして何回トイレットペーパーにエーデルワイスと描いたか・・・。


てなわけでつくりました、フライヤー
今回はあのシーンの特別バージョンですよ。表面と裏面。
これは保存版にしてほしい。



今回ばかりは高い紙つかった・・・珍しく写真が表面のフライヤー。
ただいまミネルバとココウスとソイヤにおいてます。
是非手にしてほしい。

2015.5.9(土)
原田茶飯事New album
「いななき」リリースツアー
open 18:30 start 19:00
adv.2,500円 door.3,000円(1D付)

guest circe
会場装飾 kokous

ご予約受付中

詳しくは原田茶飯事HP
またはminervaHPにお願いします。

予約は
あたしにいってもらってもかまいませんので!

ミネルバ、ならではの、
スペシャルなこと、考えております。

遠方からも、大歓迎。
あのPVのお店にいきたい!
という方、是非。

宿泊の相談等のりますので。
会場、水戸駅からも近いし
会場の奥のドアをあけたらそこはホテル、シルバーインです。
よろしくお願い致します!

あとこれも、ぼろぼろになってきたので、最後のチャンスかも。
もっていきますのでぜひ!



 

2015.04.15 Wednesday 04:02

名古屋にいってきました。

先日9日
原田茶飯事いななきtour の
バンドワンマンにお邪魔してきました。
撮り慣れない、カメラ片手に、撮影をさせていただきました。



場所は今年二度目の名古屋。
会いたい人も、たくさん。
こうして知らなかった場所が、
少しずつ大切な場所になっていくのがとてもうれしいです。感謝だなあ。

名古屋のイベントは、
得三というとてもステキな場所で
ヒグーさんという方のイベントだったのですが

イベントを迎える前から
終わった後まで

本当にすばらしかった。


これは始まる前。


どんどん人が集まってくる、ワクワク感。
平日だというのに
全国のあちこちから、お客さん来ていたんじゃないかな。

わたしも
会いたかった方々、何人にも会えました。
企画のヒグーさん、はじめ、
大好きな帽子作家のいのちゃんにも会えたし
この前お世話になったえりかちゃんにも
エスケリータの御一行様にも会えたし
いつも埼玉であってるまるちゃんも。

自分が
地方でイベントを企画するときに
お手本としている方々。

届ける、ということ。
そこにはやっぱり、愛がなくちゃな。

今回、ライブはもちろんのこと、
各地で、届け手をしている方々の熱量に触れたかった。
途中
受け手も届け手も伝え手もごちゃまぜになって
会場全体に広がる熱があまりにすばらしくて泣きました。


○○○

音楽の業界、というものを
あたしはあまりにも、わかっていないのかもしれないけれど

すばらしい音楽があちこちにあって

それを届けたいと思う人が各地にいて

それぞれが気持ちよく動いていたら
きっとでっかい流れができるよな。と、思っていて

それを再確認できた日。

企画にしても
お手伝いにしても
フライヤーを、描くにしても
配るにしても

あたしは、あたしのできる場所で
あたしのできることを、めっちゃくちゃ愛を込めてやろう。

暑苦しくったって
なんだって
やりたいから、やろう。

○○○

最後におまけ
あたしなりの、愛の形。



いつも似顔絵のスタッフをしてくれている、ひろちゃんが車にのせてくれて
名古屋まで持っていくことができました。
段取りわるくて、ちょっと邪魔になってしまったり、申し訳なかったけれど
最後にこの一枚がとれて、感無量です。


いろんなこと
どんな立場でも、当事者でいたい。

どこからでもいいから
他人事ではなくて
当事者でいたい。


○○○

いろんな気持ちを引っさげて

次の、水戸へ、つなげます。


 

2015.04.07 Tuesday 09:24

集合写真





みっちゃんから集合写真とどきました。
みんな楽しそう。
茶飯事さんツアーいってらっしゃい!
写真欲しい方ご連絡ください。

2015.04.06 Monday 13:41

原田茶飯事 春のいななきtour 初日 キッチンソイヤ編





春のいななきtour in kitchen Soya 
2015.4.5
セットリスト

夜更かししよう(光るジュレのなかから)
太陽(マンモスハピネス)
どうかしてるぜ(いななき)
ピクニック(光るジュレのなかから)
モンスーン(いななき)
ヨーロッパの庭で(かなしみの茶飯事)
わたしはかわるの(新曲)
大通りは愛でいっぱい(いななき)
あの子が笑ってくれるなら(新曲)
ドゥワドゥワ(←まだ仮タイトルだそうです)(新曲)
愛とIは仲良し(新曲)
犬ぞりの星(新曲)
終末のドライブ(いななき)
ムーンリバー(カバー)
千年メダル(ザ・ハイロウズのカバー)
カイピリーニャ(マンモスハピネス)
ヒッチハイク(いななき)
ぼくは天使きみは悪魔(マンモスハピネス)
[en1]
in the flight(フィッシュマンズのカバー)
アルバムをひらく日曜(かなしみの茶飯事)
[en2]
はだかのうたをください(光るジュレのなかから)

旧譜につきましてはこちらをご参照ください。



出演 原田茶飯事

会場装飾 kokous
会場 kitchen Soya
企画 natunatuna

○○○

後ほど、ソイヤの専属カメラマン、りょうさんの写真をいただいたらアップします。

いななきtour(CD発売後)初日、
キッチンソイヤで企画させていただきました。

最高、とか
めちゃくちゃ、よかったとか
そういうことばは、個人の感想かもしれないし、なかなか伝わりにくいかもしれないけれど
他に言葉がみつからない。
終わった後、振り返った人の顔が、笑顔ばっかりだった。

打ち上げも後半で申し訳ない。
やっと写真撮影(ちゃんとした写真は後ほど。)



参加した人の8割くらいがCD買ってました。
本当にいいライブだったんだ。
いいライブして、音源が売れるって、とても健全なことだと思う。

売れすぎて
ライブ見られなくなったら淋しいなんて、小さいこと思わない。
この人はもっと評価されるべきだ。

今回関われたことを誇りに思います。

○○○

4月9日からバンドのツアーが始まるとのこと。
普段それぞれの場で活躍しているメンバーが集結。
いななきを買って、気に入った方は
是非バンドのライブ目の当たりにしてほしいなあ。
都内では5月12日とのことなので見るチャンスです!


そしてさかのぼりますが、
5月9、10は、
キルケとともに、再び茨城へ。水戸!
9日のミネルバはダイジェストPVの撮影場所です。
それもありちょっとまた特別な一夜になりそう。
会場装飾、kokousと、ミネルバとともに
今までにない形で、お出迎えしたいと思っております。乞うご期待。

○○○

今回タイミング合わなかった方
つくばのタワレコでばっちり展開されておりますので
是非聴いてみてください。




 

2015.04.05 Sunday 11:24

本日!

原田茶飯事 春のいななきtour 発売後一発目のライブです。





みたことある人も、ない人も
今のライブをみてほしくてお呼びしました。
バンドの音源のレコ発で、弾き語り、ですが
弾き語りのライブでしか聴けない曲もたくさんあるので
迷ってる方はぜひとも!

キッチンソイヤ
0298477470

おまちしております!

 

2015.04.03 Friday 03:09

会場装飾はココウスです。

今回はkokous(ココウス)のご紹介。

会場のkitchen Soyaにある
このメニューボードを見たことある人も
少なくないのでは。

これは、今回会場装飾を担当してくれる、水戸の雑貨屋、kokousのえびちゃんがつくったもの。






えびちゃんがつくるものは
ひとつひとつ、とっても丁寧で丈夫。
生活になじんだり
毎日がちょっとカラフルに、楽しくなるようなものばかり。

つくるもの一つ一つに
人柄が本当にでていて本当にかわいいものがたくさん。

ではここで問題です。

Q.えびちゃんどーれだ。



正解は会場のソイヤにて。kokousのコーナーもありますのでのぞいてくださいませ。

人柄は
外見にはあまりあらわれてないようですね。
あ、褒めてるよ。

この三人が登場している、ダイジェストPVはこちら。(ちなみにえびちゃん以外の二人は当日内容を聞いてぶっつけで演技。すばらしい!)



何度見ても面白い。



そんなえびちゃんが
今回、ソイヤでははじめて会場装飾をしてくれます。

どうしたら、みんなが喜んでくれるかな、
どうしたら、みんなが楽しんでくれるかな

いつも本当に真剣に考えてくれるから
とても信頼しております。



ひねくれ者のあたしは
えびちゃんと話していると
はっとさせられてばかりです。


たくさんの人に遊びにきてほしい。

来てくれた人にとことん、楽しんでほしい。

二つを追いかけることは
簡単なことではないかもしれないけれど

当日まで
しっかり追いかけたいなあ、と思います。

一人でも多くの人に
今の原田茶飯事というミュージシャンのライブをみてほしいし
原田茶飯事バンドの音源を聞いてほしい。

本日、発売です。




予約まだまだ受け付けております。


 

春のいななきtour
つくばキッチンソイヤ編


2015.4.5(日)
出演:原田茶飯事
開場18:00 開演18:30
前売り¥2,500 当日¥3,000(1d付き)

お問い合わせ:
kitchen Soya 029-847-7470
会場装飾:kokous
企画:natunatuna
http://natuna-event.jugem.jp/?cid=32

ご予約承り中。
natunatuna@hotmail.com
または、ソイヤへ電話でも
ココウスに口頭でも
茶飯事さんのサイトからでもオッケーです。


2015.04.01 Wednesday 10:35

四月です!



4月3日のnew album「いななき」発売後
一発目のライブです。
4月5日、キッチンソイヤ。

前回はバンドできていただきました。
そのときのフライヤー
原田茶飯事バンド本当にかっこ良かった。



今回はバンドではなくて弾き語り。
どちらも本当に面白い。
いななきはバンド録音のアルバムなので
弾き語りとどんな風にちがうのか
是非かえりにアルバムを手にしていただきたい。

ちなみに東京でバンドでみられるのは5月12日の7thfloorだそうです!
対バンもyukaD with 濱本大輔・服部将典、mmmととっても豪華。
個人的には、弾き語りとバンドどちらも見てほしい!

そして来月は水戸2デイズ、5月9日ミネルバ、5月10日フェリチタでwithキルケってのもあります。

いななき、車できくの、めちゃくちゃあうので
茨城のみなさまには特に一枚おすすめであります。 
(長時間移動の多い茨城県民には、これ重要っすよね。)


○○◯

あたしとしては
ひさしぶりの編集作業。今野英明さんの7インチ以来。



普段は、フライヤーを自宅のプリンターで印刷しているのが主なので
こういった仕事はあまりしたことがなくて。

でも、この仕事は
フライヤーがきっかけで頼んでいただけたといっても、過言では無いと思う。

フライヤーというものは
自分にとってすごく大切な仕事。
それは
絵だけではなくて、その人を広めたい、知ってほしいという気持ちをのせることができるから。
フライヤー描いて、それだけで食っていくことなんて、なかなかできないけれど
絶対やめたくない。

どうしたら、そのフライヤーを手にしてもらえるか。
どうしたら、そのイベントに足を運んでもらえるか。
どうしたら、そのミュージシャンに興味をもってもらえるか。
どうしたら、そのお店の雰囲気を感じてもらえるか。

地方のイベントのフライヤーって、面白いと思うんだよな。

そこから
たくさんの出会いがあって
今の自分があるといっても過言ではないです。

今回のジャケットは
編集作業として、関わらせていただきましたが
さかのぼったら一枚のフライヤーなんだと思います。
思い入れはでっかいです。

1月1日に、データをいただいて、
100回以上パソコンで聴きながら作業して完成。
自分にとっては新たな一歩。
反省点は、たくさんありますが
とても気に入っております。

浜野カズシさんの写真がすばらしくて
もっともっと、と写真を使いたくなりました。

4月5日
生、いななきの文字、もっていこうかな〜
みんなこれで自由に写真撮影したらいいよ!

あ、ひらめいた〜そうしよう。ねえ、えびちゃん!



会場装飾の方も
着々と。
もう少しで形になりそうです。

やることはたくさん
3月は落ち込みがちだったけど
4月だもん。がんばらんと!

やるぞ〜!!





 

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.