2017.03.13 Monday 00:03

フライヤーをとどけに(senkiyaへ)

 

500枚つくるジャケット、今は400枚。

同時進行でフライヤーも配り始めなきゃ。

 

6月24日に行う、500枚記念のスパンコスモのライブと

natunatuna展示のフライヤー。

 

この、CDジャケット

ひとつひとつ、全く違うこと

ひとつひとつ、手間と時間をかけていること

ひとつひとつ、スパン子さんの音楽を受け取って書いていること

ひとつひとつ、だれかのひとつになること。

 

人に興味をもってもらうのって

とっても難しいことだ。

知ってもらいたいことを知ってもらうのって

とっても時間がかかることだったのわすれてた。

 

フライヤーをセンキヤに持っていって

仕事が落ち着いたところで店主の高橋さんに新作をみせたら

まだ仕事場にいたスタッフを、声かけてあつめてくれた。

これ、見てみなよって。一枚一枚違うんだよって。

 

そうだ、高橋さんは、水戸のミネルバの展示中のライブイベントの時、

センキヤの仕事終わったあと、埼玉から車とばして、水戸までかけつけてくれた人。

CDも一枚選んで買ってくれた。とってもとってもうれしかった。熱い人。

 

今日も仕事の途中だろうのに、みんな、

これがいいとか、それがいいとかいながら、見てくれたよ。

大好きなスタッフさんたち。いっつも笑顔に元気もらうよ。

 

 

手から手へ

届けにいくこと。

 

インターネットでは

お菓子食べたり、ごろごろしたりしていているこの瞬間にも

どんどん知らない人に広がったりして、夢のようにも思えるけれど

わー、広がってるーなんて、ぼんやり思ったりもするけれど

 

そこに手触りは、ある?

持ったときの重み、感じる?

 

やっぱり

ひとつひとつ、届けていきたいな、と思った。

 

○○○

 

これからフライヤー、あちこちのお店に届けて

こんなふうに紹介していきたいなと思います。

もうフライヤー置いてもらっているお店もあるけれど

写真とらせてもらってこよう。

 

お店の人たちは

実際に会って、気持ちを交わすことの大切さを知っている。

きっと今の時代、お店を続けることって簡単なことではないよな。

 

それでも

面と向かって、に、かわることって、なかなかないってことを知っている人たち。

それを大切にしている人たち。

 

わたしも自分の大切にしたいこと、大切にしようって、いく度に力をもらいます。

これをみて、フライヤーもらいにお店に行ってくれたら、とってもうれしいです。

 

senkiya(センキヤ)

埼玉県川口市石神715

 

 


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.