2017.06.26 Monday 13:19

ドドイッツ

spannkosmo-pluto
最終公演、終了致しました。
500枚目に至るまでのこと、色々、思うことがありますが
その前に、書いておきたいこと。一つずつ。

今回
楽しみなのと同時に
とても不安でいっぱいでした。

準備は間に合うのか、人は来てくれるのか、500枚は間に合うのか・・・
どれくらいの人が興味をもってくれるのか。
自分達にとっては、大切な節目だけれど
みんなにとってはどうなのだろうか。

そんな中、ある知らせが届きました。
「水戸からドドイッツがバス貸し切ってお客さんものせてみんなでくるらしい!」

その知らせは
あまりにも衝撃で
そしてあまりにもかっこよくて
泣けた。

ドドイッツは
尊敬する大好きな水戸のバンド。
ボーカルのうんけんさんはじめ
最高なメンバー達。

いろんなことを
他人事にしないで
みなを巻き込みながら全力で楽しむ天才。

あの場にドドイッツがくるというだけで
なんだか全部楽しい方にいくんだ、という
根拠の無い自信がわいてしまう、
そんな力を持った人たち。

ある夜、当日を間近に控え
わたしとスパン子さんのメールを飛び交ったのは
事務連絡ではなく
ドドイッツの最高なアー写。



準備に追われて
集客にも追われて
お互い不安になっている中、
ドドイッツはなんて最高なんだろうね、って笑い合った。

 

楽しいと思うことを選んでいきたい。
ああ、間違っていないね、って
これでいいんだなって
こころから思った。

投げ銭ライブは
セッティングがバッチリかぶってしまって
見に行けず本当に残念だったけれど

(あとからスパン子さんと話したけれど

投げ銭ライブを見られなかったことが

私とスパン子さんの唯一の心残りです)


どうやら音の制限があったりと、ロビーには収まりきらないライブだったらしい、
そらそうだよなあ、ドドイッツだもんなあ。

改めて水戸にライブ見に行きたいな。

それでも
水戸のお客さん含め、ドドイッツがあの場にいてくれたことが
やはり感謝しかない。


バスを見送りながら
すごいことだよなあと思った。

バスで水戸のみんなが会場入りしたときの
圧倒的なパワーをわたしは忘れない。

人にちゃんとパワーがあるんだよな。

スパン子さんもめっちゃくちゃ嬉しかったと思う。

他人事にしないで
全力で楽しんでくれる大人達。
相変わらず最高なところたくさん見せてくれた。

言葉にうまくできないけれど
感謝が尽きません。

至らないところ多く、
ご迷惑おかけしたことも多いかもしれないけれど
この場を借りて、お礼をいいたい。

ちなみにあたし
準備中これ聴いて泣いてた。



美しいっす。



 


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.